カードを持っている男性

大事な役割

名刺

名刺とは何か、と言いますと自身の顔であります。新しく会社に入社して、何もわからない状態で最初に名刺を提供されると思います。ここで、名刺とは何かと考える方と、考えない方にとっては、これから会社で働いていく気持ちが別れるところであります。昔では、何もわからず、名刺を渡されて、会社巡りを上司とすることはありましたが、その会社巡りの中で名刺の使い方や、大事さを上司から教えていただいたと思いますが、近年は、そのような事は、無いとは言えませんが、少なくなっていると思います。その代わりに、会社内での研修会が行われ、説明を受けるのですが、やはり研修と現実は違うものであり、実体験するのが一番の経験だと思われます。

名刺とは挨拶の代わりもありますが、自身を売り出す、覚えて貰う意味もあります。紙一枚ではありますが、それだけ名刺は大事なものなのです。その名刺の渡し方にも当然作法がありまして、間違いを起こしてしまうと、信用も無くしてしまいます。例えば、上司と2人で他の会社を訪れた時、上司から名刺を相手に渡すのが基本であります。間違っても上司より先に渡すものではありません。また相手から受け取る場合も、上司が先で自身はそのあとです。常にいつでも差し出せる為に、持っておくと良いでしょう。名刺は自身の売り込みであるとともに、会社の売り込みでもあります。ただの紙切れではなく、とても大事なものと認識し、活用することをおすすめしまう。