カードを持っている男性

備える

色々なカード

会社の営業マンにとって名刺は必須アイテムです。営業マンは、絶えず自分の名刺を切らさない様気を付けています。しかし、時には自分の名刺が数枚しか残っていない時に慌てふためく輩も多いのです。名刺印刷を外部委託すれば、早くても中2日は掛ります。それまで、名刺を切らした営業マンはデスクワークをしなくてはなりませんでした。しかし、社内で名刺印刷をできるソフトが開発され、2時間も待たないで名刺を作れるようになりました。おかげで、名刺を切らす営業マンもいなくなり、営業活動も円滑になっています。名刺印刷ソフトは、今や多くの会社にとって無くてはならない存在になりつつあります。事業所によっては、名刺印刷専門の職員を置く所も出てきました。

会社にとって大変便利な名刺印刷ソフトですが、紙代や設備費などを考えると元を取るのに時間を要します。大会社なら直ぐ費用対効果を見込めますが。中小零細企業にとっては導入を躊躇うソフトでもあります。そのような中に合って、町の印刷工場も新たな策略を講じています。町工場自体が名刺印刷ソフトを導入して、即日納品を可能にする所が増えているのです。印刷工場の仕入れなので、名刺の印刷単価もこれまでより安くなり、利用者に喜ばれています。待たされることなく名刺が出来上がることが常識となった背景には、やはり専用ソフトの存在が大きいのです。名刺印刷ソフトの需要がさらに伸びれば、名刺に掛る社内経費も軽減させることが可能となるでしょう。